小山酒造株式会社 通信販売サイトはこちら
小山酒造株式会社
HOME > 会社案内

世界有数の大都市東京。その23区で唯一100年以上清酒を製造し続ける酒蔵が私たち小山酒造株式会社です。
その歴史は、初代 小山新七が酒造に適した湧水を発見して以来(明治11年創業)、百余年になります。

代表銘柄「丸眞正宗」(マルシンマサムネ)の由来は、先代が「商いは正直こそが基本である」と
“まるまる本物”の意味を込め、そして“名刀正宗”になぞらえ、キレの良い後味という意味を込めました。

小山酒造の企業理念と酒質の特徴を表す銘柄名となっております。

会社概要
会社外観
社名 小山酒造株式会社
代表者 代表取締役 小山 周(五代目)
創業 明治11年(1878年)
資本金 1000万円
所在地 〒115-0041 東京都北区岩淵町26-10
電話番号 03-3902-3451
FAX番号 03-3902-3453
URL http://www.koyamashuzo.co.jp
丸眞正宗の水

小山酒造 初代 小山新七が酒造に適した湧水をこの地で発見し、 酒造りを創めました。

岩淵の地下には、秩父を源流とする浦和山脈の支流が流れています。
酒造りの決め手は「水」。

この良質な伏流水で昔と変わらず、
丸眞正宗はつくられています。

昔から豊富な水資源で知られ、昔はこの辺りを掘ると湧水が2メートルも噴出したと言われています。

また、かつては宿場町としてにぎわっていましたので、旧岩淵街道(現在の国道122号線)を行く旅人に提供し、 店の前はしばしの憩いの場となっていたそうです。

丸眞正宗の水
ご注意
アイコン ページトップに戻る